1/5

皮膚への働き   Effect to skin

 

こちらのメニューは終了いたしました。

GREEN PEEL(グリーンピール) は

皮膚にどう働きかけるの?

  • グリーンピールは、皮膚の代謝サイクル(ターンオーバー)を正常に近づけ、正常化する事でベビースキンに近づけています。

  • お肌のターンオーバーは、20歳までは正常ですが28~36歳の期間に肌老化のターニングポイントを迎える事が立証されており、この時期からターンオーバーも大きく乱れはじめます。

表皮(毛穴)から入ったハーブは皮脂腺を通過し、真皮層や皮下組織に働きかけ繊維芽細胞や結合組織を再生させます。

​新しい角質層が再生され、余分な角質が脱落しています。

更に角質層のバリア機能が強化されています。

​グリーンピールの5日後に真皮層で膠原繊維(コラーゲン)や結合組織の増殖が見られます。

​急激な成長による肉割れ

土日祝も営業
女性専門のサロンです。
鎌倉の隠れ家   ​:::: Le Cocon ::::  メディカル・ハーブ療法&中医学はり灸サロン
Copyright (C) 2005 Le Cocon. All Rights Reserved
 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now